足助大工
 

足助大工の伝統の技

 

家をつくる職人さんが、自分の職業にプライドをもつことで、本当に楽しく家をつくっていけば、大満足の家が出来上がります。紅葉建設は、足助大工をはじめ、地元で結ばれた職人集団とその家族の幸せを 第一に、笑顔溢れる現場を作ります。 木を知り、住宅を愛する職人魂でこれから何十年と安心して暮らせる、日本本来 の木造建築を社会に広めます。 

足助の熟練された大工さんにより、檜の良さを充分に知った上で施工させていただいております。

現在の木造住宅では集成材の柱が主流です。なぜなら狂いもなく大工さんが造りやすいからです。 決して丈夫だからではないと思います。しかし、檜は日本古来から使われており、伐採してから200年は強度が増すと言われています。その上、防虫効果もあるので永く暮らす住宅には最良の材料なのです。当社では、足助の熟練された大工さんにより、檜の良さを充分に知った上で施工させていただいております。檜には、独特の安らぐ香りがありますよね。友人や知人が新居に寄られたときには、きっと『木の香りがするね~。』と言われます。 

次のページへ

HOME | 紅葉の家づくり | 足助大工 国産材

トップページへ
Copyright (C) BalanceLife. All Rights Reserved.                         

注文住宅 愛知県 豊田市 岡崎市 みよし市 |パッシブデザインの高性能住宅な紅葉建設   

トップページへ
facebook
 
 
 
Copyright (C) BalanceLife. All Rights Reserved. 

注文住宅 愛知県 豊田市 岡崎市 みよし市 |パッシブデザインの高性能住宅な紅葉建設